高浸透型ビタミンc誘導体とは?

b.glen (2)

 

■高浸透型ビタミンc誘導体とは?

近年、高浸透型のビタミンC誘導体(APPSや、リン酸型など)、
という言葉をよく目にします。
これは、ビタミンCの中のビタミンC誘導体の種類のことです。

成分表示の上では、「高浸透型ビタミンC誘導体」という言葉は使われず、
正式な名称が定められ、それが使われています。

例えば、同じ高浸透型ビタミンC誘導体であるリン酸型とAPPSですが、
リン酸型の高浸透型ビタミンC誘導体が含まれている場合、
成分表示には、”リン酸アスコルビン”と書かれています。

APPSにいたっては、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと記され、
同じ高浸透型ビタミンC誘導体であっても別物なんですね。

・リン酸アスコルビル
ビタミンCにリン酸基を付けることによって、脂溶性に近く、
肌に浸透しやすく改良されたものです。

さらに、マグネシウム型である、リン酸アスコルビルMgと、
ナトリウム型であるリン酸アスコルビルNaに分けられますが、
どちらも、毛穴に効果的です。 

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS、アプレシエ)
こちらは、新しいタイプのビタミンC誘導体で、
リン酸基の他に、パルチミン酸基を併せ持ち、
従来のものよりも、数十倍浸透力が高まったとされています。

イオン導入を行うくらいの効果が期待できるとされているので、
ぜひ、注目したい高浸透型ビタミンC誘導体です。

基礎化粧品にこういった高浸透型ビタミンC誘導体が含まれるのも、
何ら珍しくないものになりました。

基礎化粧品の見極め方としては、
それぞれの高浸透型ビタミンc誘導体が、どのようにして、
肌に良く取り込めるかを考えられたものかどうかが重要です。 

 

b.glen (1)

 

■ビーグレンのピュアビタミンC

例えば、ビーグレンはピュアビタミンCと呼ばれる、
アスコルビン酸を高濃度で配合し、
それを、独自の浸透テクノロジー”QuSome”によって、
肌の隅々まで届けてくれます。

高浸透型ビタミンC誘導体であるかどうかももちろん大切ですが、
こういった浸透についても考えて選ぶのがベストです。

ビーグレン 2014 クリスマスBIGセール

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ